Identity Strategy Consulting

アイデンティティ戦略系コンサルティング

対象はCI戦略、ブランド戦略、新規事業構想の開発等多岐に渡りますが、重要なのは計画の意志決定を促す作業と、関係部署内での意識の共有化作業にあることを多くの経験から熟知しています。SHIFTではそれを円滑に進めるためのお手伝いを〈ナビゲーション系〉コンサルティングと位置づけています。また承認された計画を世の中への具体的アウトプットにまで仕上げる作業もまた膨大です。それを〈ソリューション系〉コンサルティングと位置づけ、一流の専門家を世界から適宜起用して最終段階までお手伝いします。

Navigation Oriented Consulting

ナビゲーション系コンサルティング

ナビゲーション系コンサルティングとは、主にクライアント企業自身の内部的方向付けを中心課題とするコンサルティング分野を指します。クライアント企業内部での経営上の承認を目的とした企画立案や、内部での情報共有、あるいは意志決定を促すまでの道筋をつけるお手伝いをする分野です。

  • コーポレートミッション/長期ビジョンの開発

    まず各企業体の歴史や創業のこころざしを確認するところから作業を始めます。次に社会や市場の現状と将来展望を描きます。その二つの整合性を分析しつつ、将来に向けての「事業の自己規定」「社会的使命」「経営目標」「行動規範」等をまとめます。まとめる手法は様々ありますが、分かりやすい「定量目標」への置き換えを伴わせる場合もあります。

  • アイデンティティ戦略の開発

    どの企業も経営環境を展望しつつ内部の理念や論理を集約すれば、自らの「こうありたい姿」を描くことが出来ます。そこがまだはっきりしていない企業の場合は、まずそれを描くお手伝いをします。しかし企業の外側からは、そう認められるとは限りません。そこで、「こうありたい姿」と「外からはこう見える姿」との合致を目指して、 さまざまな戦略のコンポーネントと実施計画を立案します。企業の内側と外側とで交わす「約束ごと」を確立する作業と言い換えてもいいでしょう。対象は「企業」に限りません。「商品」「事業」「企業グループ」から「街」や「政策」、時に「人」にいたる幅広い適用範囲を持ちます。

  • コミュニケーション戦略/広報戦略の開発

    ターゲット層ごとに、それぞれからどう理解されるべきかの具体的定性目標を定めます。 各目標の立案は、前提としてアイデンティティ戦略の目標に基づくのが普通です。 次に意図どおりの理解レベルに達するまでのコミュニケーション手段と手法を組み立てます。 報道、口コミ、ロビー、ブログやソーシャルメディア 等コントロールのしにくい分野やコンプライアンス、危機管理あるいはCSRまでの幅広い広報活動を対象とします。

  • ブランド戦略の開発

    ブランドとは、一義的に商品やサービスの実態としての特徴あるクオリティーに根ざします。 しかし、それに加えてネーミングやデザイン、定量化しにくい評判、 あるいはあいまいなイメージや時代的気分等までも包み込む大きな「しくみ」全体を指します。大きな価値を生み出す「しくみ」です。つまりブランド戦略には、商品やサービスの実態やイメージの確立はもちろん、それらの動的な認識メカニズムを解析し、 目指す方向へ導くブランドコミュニケーションの戦略を組み立てることが必要とされます。 あくまでも顧客の側に、時間を超えた動的な実態を認知させることが求められます。さらに、その価値を生み出す認識をどう維持促進させるかが目標となります。

  • 事業戦略および商品戦略の開発

    まず企業全体の戦略的方向の中で、対象とする事業や商品の戦略的位置付けを明快にし、事業ビジョンを確立します。単なる改善改良を超えた全く新しい事業を構想します。さらにビジョンを達成するための経営資源配分策やマーケティング戦略、コミュニケーーション戦略、組織や人事教育政策、場合に応じて研究開発体制等を立案します。

Solution Oriented Consulting

ソリューション系コンサルティング

ソリューション系コンサルテーションとは、 クライアント企業が主に外部へ向かって具体的に目に見えるものを発信する施策に直接コミットするコンサルテーション分野を指します。クライアントの顧客や社会一般へ向けた具体的なアクションプランをご提案し、実現までのお手伝いをする分野です。

  • ブランド開発

    ブランドコンセプト、商品(事業/サービス/クォリティー)コンセプト、ネーミング、ロゴデザイン、 パッケージ、ディスプレイ、そしてサービスポリシーや店舗戦略にいたるトータルなブランド戦略を具現化するためのコンセプト&クリエイティブワークを行います。

  • ブランドネーミング開発

    ブランドコンセプトに基づき、ネーミングのクリエイティブワークを行います。 言語のリソースは日本語、欧米系言語圏に留まらず、東南アジアや中国、インド、アフリカ等様々な言語にも求めます。 また、各国の神話や小説等のデータベースからもヒントを探ります。求めるイメージ軸との整合性や発音性、聞き取りやすさや覚えやすさ、 あるいは地域文化的な意味、造形上の特性等様々なチェックを経て、複数案のご提案をします。商標登録上の調査や、URLの調査、登録の手続きや類似商標権の買取のコンサルティングも行います。

  • VIS(Visual Identity System)の開発導入

    デザインを核とするアイデンティティシステムの開発を行います。 国内外のデザイナーリストの中から当該プロジェクトに最も適したデザイナーを選定し、 デザイナーへのコンセプトのインプットから最終的なアイテム制作、予算やスケジュールの管理まで、 トータルなデザイン開発管理をいたします。内外の著名デザイナーによるコンペの運営に関しても数多くの経験に基づく的確な運営管理を行います。クライアントの立場から、選定しやすい形のデザインプレゼンテーションを設計しご提案します。

  • 店舗/ショールーム等の開発

    顧客接点としての店舗、企業プレゼンテーションの場としての店舗という観点から、 コンセプト/立地/マーチャンダイジング/対面サービス/建築/内装/サイン等のトータルプロデュースとクリエイター管理を行います。 多店舗展開や、フランチャイズシステム展開の企画提案、顧客接点の社員教育も行います。

  • プロダクト開発

    プロダクト仮説/ユーザー心理のデプス調査/コンセプトの設定から、 原価企画/製造ライン/パッケージ/マーケティングまでの一連の商品開発全体にコミットし、 テストマーケティングや適切な市場導入までのコンセプト&クリエイティブワークを行います。

  • セールスプロモーション計画の立案と実施

    インストアプロモーションやWEBプロモーションを含む、マーケティングプロモーション計画の立案とコンセプト&クリエイティブワークを行います。 プロモーション成果イメージの共有と、成果予測に対する投資金額の枠組み設定を事前に行い、費用対効果の目標管理型開発を行います。

  • 広報広告計画の立案と実施

    コミュニケーション戦略/広報戦略に基づき、具体的な目標の設定と広報広告手法の設計と媒体計画を立てます。各媒体に応じた広告のコンセプト&クリエイティブワークを行います。プロデユース、アートディレクション、コピー、デザイン、 そしてスケジュールや予算等のトータルな管理を行います。時にクライアント企業の側に立って、コンペのプロセス管理、広告代理店の選定や管理等も行います。

主な実績

三基商事:「CI」開発
三基商事:「商品ブランド戦略」開発
ロイヤルサンアライアンス保険:「ダイレクト保険事業(Royal Direct)創業CI」開発
NTT:「太陽光発電ユーザ研究会創立ブランド戦略」開発
東京電力:「オンサイトエネルギー事業(マイエナジー)創業CI」開発
NTT-X(現NTTレゾナント):「IT 教育事業(E-Cube)創業CI」開発
リクルート:「インターネット事業(ISIZE)創業CI」開発
一橋大学:「イノベーション研究センター創立CI」開発
一橋大学:「大学院商学研究科経営修士コース(Hitotsubashi MBA)創立CI」開発
韓国三星自動車(現ルノー・サムスン・モーターズ):「創業長期ビジョン」開発
積水化学:「住宅事業次世代戦略」開発
米国ロックポート:「コンフォートシューズ事業日本市場展開戦略」開発
セキスイインテリア:「New Vision」開発
野村総合研究所:「事業ドメイン・CI・VIS・広告戦略・ブランド戦略」開発
米国ポラロイド:「インターネットゲーム構想」開発
伊藤忠商事:「生活資材・化学品カンパニー・ミッション」開発
積水化学:「住宅カンパニー・東京支店 Business Reform 戦略」開発
東京電力:「ホームネットワークサービス事業(tepore)創業CI」開発
東京電力:「デジタルマップ事業」デザイン開発
三井不動産販売:「資産形成シナリオ商品(三井のオーナープラン)」事業アイデンティティ戦略開発
積水化学:「リフォーム事業(セキスイファミエス)ブランドリニューアル戦略」開発
積水化学:「セキスイファミエス(オーナーサポート)ブランド戦略」開発
ディスカヴァー21:「CI」開発
キャピタル・アドバイザーズ:「CI」開発
ホテル・ヴィスタ:「CI」開発
伊藤忠テクノソリューションズ:「2社統合PMI およびCI」開発
三井不動産販売:「三井のリアルプラン・ブランドリニューアル戦略」開発
三井不動産販売:「三井のリハウス・ブランドリニューアル戦略」開発
三井不動産販売:「三井のリパーク・ブランドリニューアル戦略」開発
デンソー:「長期ビジョン(DENSO VISION 2015)」開発
積水化学:「鉄骨ユニット住宅(クレスカーサ)ブランド戦略」開発
積水化学:「分譲住宅事業(クレスバローレ)ブランド戦略」開発
優良ストック住宅推進協議会:「共通シンボル(SumStock)」開発
スカパーJSAT:「宇宙・衛星事業本部CI」開発

[PAOS時代(1977〜1991)の主な担当事例]
松屋百貨店:「第一次CI」開発/「第二次CI」開発
ダイエー:「CI」開発
キリンビール:「CI」開発/「商品ブランド戦略」開発
東京海上:「CI」開発
三井不動産販売:「住宅流通事業(三井のリハウス)CI」開発
東レ:「CI」開発
ブリヂストン:「CI」開発
電電公社:「民営化(NTT)CI」開発
INAX:「CI」開発/衛生陶器シンボル事業(XSITE)戦略開発
川崎製鉄:「CI」開発
毎日新聞社:「CI」開発
NTT:「移動体通信事業分社化(NTTDoCoMo)CI」開発
伊藤忠商事:「CI」開発他多数

[リサーチコンサルティング実績]
NTT:健識オフィス構想
東京都:世界都市博会場トイレ構想
積水化学:ストック型住事業研究会
NTT & 三菱地所:丸の内再開発エクストラネット構想
日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン):日本市場向けプロダクツ開発市場調査分析
米国ポラロイド:日本市場における消費行動分析
積水化学:住宅事業本部「事業体系企画」プロジェクト
積水化学:全社リフォーム会議
NTT-X(現NTTレゾナント):ポータルサイトに集積するLog解析商品構想
NTT-X(現NTTレゾナント):「E-テスティング事業」ユビキタスラーニングの市場動向調査分析/ 他

[主な委員等]
NTTユニフォーム選定審査委員(1985)
浦和市「シティデザインを考える会」委員(1994)
健識委員会代表幹事(1993)
松下電器産業(現パナソニック)「ep事業アドバイザリーボード委員」(2002)
 他、NTT、埼玉県庁、韓国、野村総合研究所等での講演活動